Top > NEWS > 「紙の貝殻椀」や「紙漉き」の製作体験

NEWS

「紙の貝殻椀」や「紙漉き」の製作体験

公開日: 2019/09/03

207views

9月14日(土曜日)と15日(日曜日)の2日間、不忍通りふれあい館1階で『「来て見て体験」文京の伝統工芸』を開催します。
これは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、ものづくりに関心のある区民や国内外からの観光客の誘致と、伝統工芸品の魅力発信のために開催するものです。
今回は、一色清氏と宇野裕次氏の作品展示や実演がご覧いただけるほか、「紙の貝殻椀」や「紙漉き」の製作体験もできます。ぜひご来館ください。


開催日:
2019年9月14日(土曜日)午前10時~正午 午後1時~4時
2019年9月15日(日曜日)午前10時~正午 午後1時~4時

開催場所:
不忍通りふれあい館1階(文京区根津2-20-7)
東京メトロ千代田線「根津」駅より徒歩2分または「千駄木」駅より徒歩10分

実演:
実演者:宇野裕次氏/一色清氏
職種:東京砂子/紙漉き

体験内容:
⑴「紙の貝殻椀」
⑵「紙漉き」
指導:宇野裕次氏・一色清氏

参加費:
⑴1,800円(実費負担)
⑵1,000円(実費負担)

開始時間:
午前10時~正午
午後1時~3時30分
文京区 「来て見て体験」文京の伝統工芸